忍者ブログ
山形のお食事処、温泉巡り
本日は仙台市のつけ麺屋しずくで昼食。



自家製麺がウリのつけ麺屋さんだそうです。
人気店だったようで、お昼時には何組かのお客さんが常に列を作っていました。

まずは店入り口の券売機で食券を買い、列に並びます。

 

台湾まぜそばや汁なし坦々麺も興味を引きますが、汗で大変なことになりそうなので今回はパス。
スタンダードであろう魚介つけ麺を頂くことにしました。

店内は調理場をコの字に囲む形に席があります。
手前のカウンター席に座りましたが、奥にはテーブル席もあったんでしょうか?
どうやら店員さんに頼むと、汁はね対策の紙エプロンも貰えるようです。

こちらが魚介つけ麺。

 

醤油ベースのスープにたっぷりと魚粉が載っています。
そこにはメンマとチャーシューが沈んでおります。
とろみがあるスープは見た目ほど味が濃くはありませんが、かなり魚粉の風味が効いています。
しょっぱさよりも、ほのかな甘みを感じるスープでした。
もちろん食後に割りスープも付いてきます。

麺は黄色みがかった極太のストレート麺。
並盛りでもたっぷり400gあるのだとか。
モチモチとしっかりした歯ごたえがあり、食べ応えはかなりのものでした。
これは並盛りで十分でしたね。

しかし台湾まぜそばと汁なし坦々麺は食べてみたかった。
今度は休日に来ようと思います。


関連ランキング:つけ麺 | 勾当台公園駅広瀬通駅あおば通駅

PR

今日は天童市にある牛たん 仁で昼食。



こちら平日は夜のみ営業ですが、土日祝日だけランチも始めたそうです。
ちょっと珍しい営業時間ですね。
フリーペーパーのさふらも色々と情報が載っているもんですね。

店内は食堂っぽくもあり、飲み屋さんっぽくもあり。
右手には小上がり席があり、左手にはカウンター席が並んでいます。
奥には個室の板間があるようで、夜に使用しているのかもしれません。

メニューはこちら。



ラーメン、つけ麺、定食のみ。
ご飯はセルフでお代わり自由と嬉しいサービスもあります。



本日はフリーペーパーにも載っていた濃厚牛骨肉玉ラーメンを頂くことにします。
女将さんから刻みニンニクが必要か聞かれましたのでトッピングすることにしました。



麺は中太のストレートでプリッとした歯ごたえ。
熱々のスープでも伸びづらく、量も多めに感じました。
スープはドロッっと濃厚で、牛の風味とコッテリ感が強烈です。
刻みニンニクと玉子の黄身がまた強力なパンチを効かせてきます。

具はメンマにネギ、ナルトに焼肉炒め。
たぶん具材に使っているのは豚肉のようでした。
牛骨に牛肉だとクドくなりすぎるってことでしょうかね。
薄めのバラ肉でしょうか、注文後にフライパンで焼いて載せてくれます。
なかなかジューシーで香ばしく、ご飯が欲しくなってしまいます。
しかしご飯も食べてしまうと腹が限界になってしまいそう。

なかなかインパクトのある一杯でした。
ただ夜の締めの一杯には強烈過ぎますし、平日の昼だと臭いも気になるかも。
はやり休日のランチが一番合ってるんでしょうね。
旦那さんや女将さんも気さくな方で好印象。
今度は夜にも来てみようと思います。


関連ランキング:焼肉 | 天童駅


今日は嶋での買い物ついでに昼食。
そば処 正平(しょっぺ)へ初来店です。



概観は年季の入った食事処といった雰囲気。
場所はヤマザワ山形北店や渋谷会館のある通り沿い。
お店の前のほか、道路の向かい側にも駐車場があります。
そば屋さんですがラーメンが美味しいとの情報があり、実際ラーメンパスポートにも載っていたようです。



店内にはテーブル席が3卓に、小あがり席が2卓。
それほど広くはありませんが、窮屈さは感じません。
だいぶ早い時間から営業しているようです。
先客は1名ほどでしたが、後から3組ほどお客さんがやって来てほぼ満席になりました。
やはりラーメンパスポートの影響が大きいようです。

   

こちらがメニュー。
蕎麦にラーメンのほか、うどんや麦きりまで揃っています。
ご飯物もありますし、麺にミニ丼をセットに出来るのも嬉しいところ。
今回はラーメンにミニ豚丼のセットを注文しました。



こちらがミニ豚丼。



柔らかめのご飯の上に、甘じょっぱく味付けられた豚肉&玉ネギが載っています。
ミニとは言いますがご飯は茶碗一杯分はあるようです。
ご飯に対し具が少なめにも見えますが、味が濃いですしツユもタップリなので十分でしたね。
これが150円分というのだからお得感があります。

そしてラーメン。



色の薄い透明な醤油スープに、プリプリした中太ちぢれ麺の組み合わせ。
牛ダシと前情報で聞いていましたが、風味はそれほど強くありません。
味の濃さも麺の湯で加減もちょうどいい塩梅でしたね。
具材はシンプルな構成ですが、柔らかくほぐれる分厚いチャーシューはなかなかの美味しさ。

お値段も量も味も満足のラーメンセットでした。


関連ランキング:そば(蕎麦) | 東金井駅北山形駅


本日は山形市東原町にあるらーめん富神で昼食。



開店して間もない時間帯でしたが、週末ということもあってか駐車場はほぼ一杯でした。
どうやらランチパスポートにも参加しているようでしたので、平日のお昼時のほうが混むかもしれません。



店内は小あがり、テーブル、カウンターがあり、モダン和風といった雰囲気。
店員さんもハキハキとした接客態度でいい感じでした。

まずはメニューは確認。

 

醤油、味噌、塩のスープがあり、お勧めはサンマ節使用の醤油だそうです。
つけ麺は元から1.5玉と多めになっていました。
ソフトドリンクが「ラムネ」っていうのはこだわりを感じます。

本日はお腹も減っていたのでつけ麺の大盛りを注文。
恐らく大盛りは0.5~1玉だと推測。
替え玉は1.5玉だろうから、合計3玉分はちょっと多すぎました。

こちらがつけ麺。



麺の上には茹でモヤシにキャベツ、細切りメンマがタップリ載っています。
スープは薄く濁った醤油ベースで、底にはフレーク上のチャーシューが沈んでいます。
それほど味が濃くはなく、程よい酸味が効いていてアッサリとした味わいでした。
割りスープがなくてもそのまま飲めそう。
こちらもサンマ節のダシを使っていたんでしょうか?
風味を味わうなら普通の醤油ラーメンのほうがよさそうです。



麺は深めのドンブリに山盛りになっておりました。
プリッとした中太の縮れ麺で食べ応えがあり、普通盛りでも十分だったかも。
最初はなかなか美味しく頂けたのですが、つけ麺の悲しいいところで中盤から味が薄まってしまいました。
ただでさえアッサリ味のスープでしたし、しかもこちらは麺大盛り。
醤油さしに入っていたお酢(?)も入れてみましたが焼け石に水でした。
大人しく普通盛りにしておけばよかったかな?
戦略を誤りました。
次回はオススメの醤油ラーメンでリベンジしたいと思います。


関連ランキング:ラーメン | 山形駅


山形市内での昼食に、麺堂 傾奇者へやって来ました。



お昼時は駐車場が埋まっているイメージでしたので、今回は空きがあってラッキーでした。



店内はカウンター席にテーブル席、奥には小あがり席があり、結構な人数が入れるようですね。



カウンター席は4席ほどしかなく、どちらかというと多人数向けになっています。
2015年10月にリニューアルしたそうですが、その時に今のレイアウトに変わったのかな。
なかなか明るく小奇麗な感じで、女性でも入りやすそうです。

メニューはこちら。

   

基本は醤油と味噌、塩の3本立て。
ベースはどれも魚介スープなのかな。
一番人気は味噌味のようです。
ミニ丼も揃っており、ガッツリ食べたい時に重宝しそうです。
大学生や高校生もお客に多いのか、お手ごろ価格な学生ラーメンもありました。

今回注文したのは、お店2番人気の傾奇者魚介中華。



ほんのりと魚系の出しの香りがします。
スープは比較的アッサリとした醤油味ですが、表面に層を作っている脂のおかげでコッテリとした味わいです。
おかげで最後まで熱々ですね。
中央に盛られている刻み玉ネギと三つ葉のおかげでしょうか。
コッテリ感の中に爽やかな味わいがあり、口飽きもしません。
麺は太めでよく縮れており、熱いスープの中にあっても延び難くなっています。
表面は意外とツルツルで食感もプリプリとしており、モソモソとした感じも無く食べやすい美味しい麺でした。
チャーシューは赤味より脂身が多め。
カロリー高いんだろうな、と思いつつもトロッとした柔らかい食感はやはり魅力的です。
普通盛りでも満足な量ですが、お腹の空いているときには大盛りの方が満足できるかも。

帰宅してから気づきましたが、2016年版の山形ラーメンWalkerにクーポン券も付いていたんですね。
大盛り無料、惜しかったななぁ。


関連ランキング:ラーメン | 山形駅


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
D-104
性別:
非公開
サイト内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
ウェザーニュース
地域情報

ジオターゲティング
アクセス解析
忍者ブログ [PR]