忍者ブログ
山形のお食事処、温泉巡り
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


仙台帰りに作並温泉のかたくりの宿で日帰り入浴を楽しんできました。



明るいフロントで仲居さんがお出迎え。
温泉パスポートで100円引きとなり600円でした。
作並や秋保温泉の旅館は日帰り入浴が高いのですが、こちらは比較的お手ごろですね。
仲居さんも気さくな接客で、日帰り客でも心地よく利用できます。



フロントの脇を抜けて大浴場へ。
浴室の入り口では立派な鎧兜がお出迎えしてくれます。



お風呂場へは内湯側と露天風呂側の2箇所の脱衣所を通って行けます。
こちらは内湯側の脱衣所。
明るく清潔で快適に利用できます。



こちらの宿では温泉分析表の中に、お湯使いの表記がありました。
これが宮城県のスタイルなんでしょうか。
アルカリ性の単純温泉とのことで、意外にも贅沢なお湯の使い方をしているようです。



まずは内湯へ。
洗い場にはシャワー付きのカランが3ヵ所。
水圧は気持ち控えめですが、温度調整は問題無し。
シンプルなデザインのソープ類ですが、泡立ちのよさは十分でした。
換気扇も強力で少々音は大きいですが、熱や湿気がこもる感じはありません。

 

浴槽の左手側から源泉が投入され、右手側の扇形の排水溝から排出されていました。
洗い場側にはお湯を溢れさせない方式ですね。
湯口からはパタパタと雫のようなお湯が投入されています。
少なく見えますが、実際は浴槽内にも源泉投入口がありました。

お湯は無色透明で、湯口付近で少し湯の香を感じる程度。
単純温泉ですが、成分の中ではナトリウム-硫酸塩が多いようです。
湯温は42℃弱と入りやすく、リラックスしてお湯を楽しむことが出来ました。



窓からは塀のおかげで中庭が見える程度。
秋頃だと紅葉は見ることが出来そう。
ただオーバーフローしたお湯が排水される様を見ることが出来るのは面白いですね。



続いて露天風呂へ。
こちらは冬季ということもあってか、透明の波板で囲まれ眺望はほぼゼロ。
おかげで寒さも和らいでいましたが開放感はありませんね。
あと浴槽には保温用の断熱シートが浮かんでおりました。
断熱シートのおかげか、設定が高めなのか、湯温は内湯より高い約44℃。
風も涼しいですが、お湯に浸かっている間は温かです。
保温効率のためか、お湯は上部の湯口からではなく、全量浴槽内の穴から投入されているようでした。



こちらが露天風呂側の脱衣所。
どうやら内湯側よりも広く作られているようでした。
また露天風呂側にも洗い場があり、こちらもカランの数は内湯より多く設置してあります。
ちゃんと洗い場は屋内にあるため、寒くもなさそうでした。

【メモ】
入湯料:700円
受付時間:10:00-15:00
休日:不定休
駐車場:有り
鍵つきロッカー:有り(小物入れ)
アメニティー:ボディーソープ、リンス、シャンプー、ドライヤー、体重計
設備:内湯、露天風呂
加水:なし 加温:常時 循環ろ過:かけ流し 消毒:無し
その他:


PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1080] [922] [1079] [1078] [1077] [1075] [1076] [1074
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
D-104
性別:
非公開
サイト内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
ウェザーニュース
地域情報

ジオターゲティング
アクセス解析
忍者ブログ [PR]