忍者ブログ
山形のお食事処、温泉巡り
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今回やってきたのは西安刀削麺の大河原店さんです。
仙台市に用事があり向かっていた最中、お昼時に立ち寄りました。



こちらのお店は中華料理屋ということですが、売りはやはり店名にもなっているのようです。
東京や横浜などの大都市ではそこそこ見かけますが、東北にもあったんですね。
自分は鉄鍋のジャンで読んだのが刀削麺との出会いでした。
その後、就職活動などで東京にいった際に初めて食べました。
そのときのインパクトはなかなか大きいものでしたよ。

土曜日ですが11時丁度の早めの時間帯だったためお客は自分ひとり。
テレビも点いていなかったためちょっと寂しかったです。

店内はシンプルな作りで、座敷とテーブル席とが並んでいます。



厨房とフロアを隔てる壁には大きな窓がありましたが、どうも座席からは中の様子は見えづらい。
久々に麺をピュンピュン削り飛ばすところが見たかったのですが残念です。

そそくさと席についてメニューを拝見。



やはりここは刀削麺ですね。
激辛は遠慮させてもらい、辛目の坦々刀削麺を注文。
店員さんを呼んでオーダーしたのですが、なぜかその店員さんは一言もしゃべらず。
注文は分かっているようですが、なにか無言の圧力をかけられているようで勘弁して欲しかったです。

新聞を読みながら待っていると、思ったよりも早くが到着。



香ばしいゴマの香りと立ち上がる湯気が美味しそう。
上に載った肉を絡めるように軽くかき混ぜてから一口。
このモチモチとした食感の麺が美味しい。



お肉もまた濃い目の味付けがされており、麺やスープに負けずいい味がします。
スープも赤い色の印象ほど辛さを感じずどんどん食べれます。
冬の初めで気温も低かったのですが、食べ勧めていくと汗がにじみ出てきます。
いや~、寒い日の坦々麺は体が温まりますね。

久々の刀削麺でしたが美味しいお店に出会えて満足でした。
できれば山形にもお店が出来れば嬉しいのですが、なかなかそうはいきませんね。



関連ランキング:刀削麺 | 大河原駅


PR

会社の帰り道に夕食をとろうと神町をウロウロしていたところ、何やら看板の新しいお店ができていたので立ち寄ってみました。
なんとまぁ、こんな所にも台湾料理の紅四季が。



まさかチェーン店だったとは気づきませんでした。

どうやら開店したばかりらしく、ラッキーなことに3日間限定の値引き中でした。
メニューの方は天童店と変わりないようです。
とりあえずここはスタンダードに台湾ラーメンと焼餃子で行ってみましょう。

まずは焼餃子。



中くらいのサイズでパリパリの耳付きです。
台湾のスタイルか分かりませんが、餡を皮で包むのではなくクルリと巻いてあるだけでした。
両側が開いているので肉汁も少ないのかな?と思いましたが、一口食べてみるとなかなかジューシーでした。
ちゃんと中に肉汁が閉じ込められていて美味しい。
ニラやニンニクは少ないか入っていないのか、食べやすい風味です。

そして台湾ラーメン。



天童店の白い器に対し、こちらは黒い器です。
味は一緒かな?と一口すすると、ピリッっと辛めでした。
どうやらこちらの方が唐辛子が効いているようです。
ニラは天童と同じく結構効いており、味も同じくしょっぱめです。
なんというか、仕事帰りに効きそうな味です。

あと安かったのでついつい頼んでしまったゴマ団子。



ゴロッと5個にサラダ付き。
こちらはカラッと揚がったゴマの風味が香ばしい。
中の餡の程よい甘さもいいですね。
少々油っぽさはありましたが、食後のデザートに良かったです。



関連ランキング:台湾料理 | 神町駅


最近、天童のららパーク近くの東芳賀に台湾料理屋さんが出来たようです。



確か以前は石堂とかいう和食屋さんがあった場所です。
前に看板の付け替えなどのリフォーム作業をしているところを見かけて興味を持っていました。
会社もちょっと早めに上がれたので、ちょいと夕食を食べに行ってきました。

店内はテーブル席、カウンター席とがあり、なかなか広々としています。

 

よくは見えなかったのですが、奥のほうには座敷もあるようでした。
店員さん同士のおしゃべりを聞く限り、恐らく中国か台湾の方々。
さすがにどちらかは分かりませんが、日本の方ではないようですね。

メニューはなかなか豊富で、300~800円程の単品がメニュー表にギッシリと載っていました。
迷ったときはセットメニューとなるわけですが、こちらも組み合わせがタップリとあります。

  
 

メニュー表に載っておらず、店内の壁にだけ貼ってあるものもあり目移りしてしまいます。
そはそうと中華料理と台湾料理の違いがイマイチ分かりません。
味付けが違うんでしょうかね?

そんなわけで今回は夜限定のセットメニューから、炒飯と台湾ラーメンを注文しました。
注文してから程なく出てきたのですが、これがまた量にビックリしました。



リーズナブルなセットメニューなので、てっきり半炒飯を想像していたのですが、なかなかの盛りっぷりです。



この炒飯、意外とあっさり目でラーメンのお供には丁度いい味付けでした。
脂っこくもなく、パラパラのご飯とシャキシャキした小口ネギが美味しく、意外にもペロリと完食できました。

対して台湾ラーメンのほうはしょっぱめの味付け。



それでも脂っぽコッテリとした感じはありません。
唐辛子が浮いていましたが辛さはあまり感じません。
むしろニラの風味がなかなか強烈に効いていました。
麺はゆるく縮れた極細麺で、スープがよく絡みます。
シャキシャキとしたもやしの食感もまたいいですね。
こちらもあっさりと完食です。

いや~、お値段の割には量がタップリでコストパフォーマンスのいいお店でした。
味もなかなか美味しかったです。

本日の夕食は寒河江市にある新中国料理 山香菜房さんです。

いつの間にやら出来ていた中華料理屋さんです。
会社の友人も気になっていたようで、会社帰りの夕食に二人で行くことになりました。

台湾ラーメン280円に食べ放題、ラーメン大盛り無料など心躍るキーワードが盛りだくさんです。

こちらが店内。

広々とした店内はテーブル席一つ一つも大きめ。
コの字型のソファーには楽に5~6人は座れそうです。
逆に一人じゃ寂しいかな。

今回注文したのはもちろん台湾ラーメン。
折角なので友人と合わせてニンニクチャーハン大盛りもオーダーしてみました。
そしてやって来たのがこちら。

ドーンとなかなかの盛り具合です。
台湾ラーメンは醤油ベースにラー油を少し浮かべたピリ辛なお味。
辛いのが苦手な人でも問題ないレベルです。
そこに山盛りモヤシ炒めと細麺がタップリと入っています。
この量と味で280円とは嬉しい限りです。

そしてニンニクチャーハン。
ざっと2.5人前くらいはあろうかという盛り具合。
少々脂っぽいですが、良い感じの塩加減で食が進みモリモリと食べれました。
ニンニクもかなり効いているので息が臭くなるのが玉に瑕。
これも580円に大盛り+100円と、コストパフォーマンス抜群ですね。
台湾ラーメンと合わせても一人1000円未満というのは非常にサイフに優しい。
お腹もいっぱいで大満足でした。

また何でも5人以上の団体さんなら食べ放題&飲み放題メニューもあるとか。

男性3580円(女性3280円)という金額も、リーズナブルでこれまた魅力的です。
今度の飲み会ではここを利用してみようかな。



関連ランキング:中華料理 | 西寒河江駅寒河江駅



操法大会の昼食で、山辺町にある中華ダイニング翠連さんへお邪魔しました。

腹の減った男どもの団体相手では、さぞかし厨房も接客も大変だったでしょう。

用意して頂いていたのはエビチリ、麻婆豆腐に野菜の鶏肉炒めの三品。
これにサラダとお漬物、御代わり自由なスープとご飯がつきました。
ちょっと味が薄めでしたが、やはりいい汗をかいた後はご飯が進みます。
なんだかんだでタップリ御代わりしてしまいました。

[1] [2] [3] [4] [5] [6
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
D-104
性別:
非公開
サイト内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
ウェザーニュース
地域情報

ジオターゲティング
アクセス解析
忍者ブログ [PR]