忍者ブログ
山形のお食事処、温泉巡り
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


出張の夕食にどうも刀削麺が食べたくなり、新宿にある唐朝刀削麺 西新宿店へ。



都庁に近い新宿モノリスの1階奥にあります。
端のほうにあり、ちょっと分かりづらい場所です。



店内はテーブル席のみで結構な広さ。
夜は飲みがメインのようですね。
最初、一杯飲みにきた客だと思われたようです。
食事に来たと分かると、夜の定食メニューも出してもらえました。

 

エビチリや麻婆豆腐の定食にも惹かれますが、今日は心に決めた刀削麺でいきます。
そんなわけでピリ辛タンタン刀削麺を注文。
もちろんパクチー有りで。



スープは程よい辛さでじんわり汗が滲んできます。
思っていたよりゴマの風味は感じず、あっさりめの味付けに感じました。
肉そぼろは濃い目の味付けでいいアクセントになっています。
麺は薄く平たい、今削りましたと言わんばかりの刀削麺。
ツルッとした舌触りに、厚い部分のモチッとした食感がたまりません。
最近、このタイプの刀削麺を食べていなかったので非常に満足できました。


関連ランキング:中華料理 | 都庁前駅新宿駅西新宿駅

PR

出張中の昼食で池袋駅近くにある開楽 本店へ。



お目当ては大きいことで有名な餃子です。



お店は一階がカウンター席、2階にテーブル席があります。
メニューはラーメン屋か中華定食屋といった感じ。
餃子がデカデカとありますが、麺類や定食などのご飯物も充実しています。

今回注文したのは餃子に半チャーハンがセットになったBセット。



ある程度覚悟はしていましたが、それでも驚きの大きさの餃子です。
ちょっとした饅頭くらいの大きさがあります。
しかも5個も。



見た目どおり皮の中には具がミッチリと詰まっています。
あふれる肉汁を閉じ込めるためか、自らの重量を支えるためか、皮も結構な厚さ。
おかげで皮自体のモッチリとした食感も味わうことができました。
餃子自体が美味しいので食が進みますが、1個だけでもなかなかの満足感ですね。

しかしチャーハンと餃子の組み合わせで結構な油っぽさでした。
餃子もこの大きさで5個はちょっと食べるのが大変。
欲張らず、白米に餃子3個の餃子定食で十分だったかも、とちょっと後悔しました。


関連ランキング:中華料理 | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅


夕食で山形市にある龍成飯店やってきました。
台湾料理ということですが、中華料理のお店と考えていいようです。



なんとなく看板のデザインに見覚えがあるのですが、ここも紅四季とかの系列なんでしょうか。



店内はテーブル席にカウンター席、奥にはお座敷もあるようです。
店員さんも喋りのアクセントから外国の方の様子。

奥のテーブルに着いてメニューを確認。
料理の種類やデザインを見ると、やはりここも紅四季あたりの台湾料理系列のようですね。

本日はお腹も減っていたのでラーメンセットを注文。
麺は台湾ラーメン、ご飯は回鍋飯にしました。
夜は100円増しだそうですが、それでもお得感のあるボリュームです。



ゆるく縮れた中太麺の台湾ラーメンはピリッとする辛さ。
アッサリとしたした醤油ベースの味付けがいいですね。
上に載った肉そぼろを溶かし込むとコクが出てより美味しく頂けます。



こちらは回鍋飯。
タップリのキャベツと豚肉が甘い味噌で味付けしてあります。
もうちょっと塩気が欲しい気もしますが、これはこれでアリですね。

それにしてもこういう紅四季風のお店って、どこかに本店があるのでしょうか?
外出時にでも色々と探してみるのも面白いかもしれません。


関連ランキング:台湾料理 | 山形駅


かみのやま温泉帰りに熱烈中華 ○武でランチ。



お盆の時期ということもあってか、平日ですがお客さんが途切れることなくやってきます。
国道沿いですし、結構な人気店のようでした。

店内はテーブル席に小あがり、カウンター席がありました。
店内は明るくスッキリとしており、雑然とした感じの無いお洒落な雰囲気。
中華料理屋というより洋食屋さんのようです。

メニューですが、ある程度厳選された品揃え。

 

他の中華料理屋のように料理名が数ページにも渡ってズラリと並べられてはいません。
見やすく選びやすいのはあり難い。
ご飯と麺類が多いのもいいですね。

四川の文字が気になったので四川風 麻婆豆腐かけ御飯と、お店オススメのもちもち焼餃子のニンニク醤油を注文。
まずはもちもち焼餃子のニンニク醤油を頂きます。



サイズは小ぶりですが個数が8個と多めの餃子が、おろしニンニク入り醤油の上に並べられています。
こちらは薄皮ではなく、水餃子に使われているような分厚い皮を使用しています。
確かにこれはモッチモチの食感ですね。
一口齧ると予想以上の肉汁にビックリ。
この皮の厚さはタップリの肉汁を閉じ込めるためでもあったのか。
熱々のうちに食べると一層美味しく頂ける一品でした。

そして四川風 麻婆豆腐かけ御飯。



赤黒い色と振りかけられた唐辛子が辛さを予感させます。
しかし食べてみると意外とマイルド。
絹ごし豆腐の甘みとひき肉の旨味をしっかりと感じることができました。
もちろん普通の麻婆豆腐に比べれば辛いのですが、舌がビリビリして汗が止まらなくなる容赦無さはありません。
ご飯との相性もバッチリで美味しかったです。

上山に来たときには、また寄らせて頂きたいと思います。


関連ランキング:中華料理 | かみのやま温泉駅


山形市に四川風の麻婆豆腐が食べられるお店があると聞き、早速やって来ました。
それがこちらの竹林坊さん。



場所は県道275号線と国道112号線の合流地点、山形市と中山町との境目あたりでしょうか。
土曜日ということもあってか、11時半の開店前からすでにお客さんが待っておりました。

店内はテーブル席が4つに小あがり席が3つほど。
カウンター席は無さそうなのでテーブル席に座りましたが、混雑してくると少々肩身が狭く感じます。

メニューはなかなか豊富。
特にズラリと並んだ飯・麺メニューは圧巻です。
とはいえ事前調査で注文する料理は決めておりました。

まずは10周年記念料理の四川牛麺(小辛)。



きしめんの2~3倍はあろうかという薄めの超幅広麺が特徴の一品。
コンニャク芋を混ぜ込んだという麺はツルツルプリプリとした食感が面白い。
ただビックリするくらいスープが絡まない。
ちょっとやそっとじゃ伸びなさそうなので、少し寝かせてスープを吸わせるのもアリかも。
スープは牛骨をベースにした醤油味でコッテリとした風味。
小辛でもタップリラー油が浮いているので、食べていると汗が滲み出てきました。
小盛りご飯も付いてくるので、最後にオジヤ風にすると2度美味しく頂けます。

そして期待の陳 麻婆豆腐。



こちらは四川牛麺とは異なり、辣より麻が強く出ています。
一口食べただけでも、タップリと振りかけられた胡椒のおかげで舌がビリビリ来ますね~。
柔らかな絹ごし豆腐のツルリとした食感もまた美味しい。
あぁ、麺じゃなくてご飯を組み合わせればよかった。
セット定食でもいいですが、よりリーズナブルな麻婆丼も捨てがたい。

それにしても辛い麺と辛い麻婆豆腐のおかげで汗が止まりません。
胡椒のおかげで最後は味も何も判別出来なくなっちゃいます。
しかし暑い夏を乗り切るため、汗腺を活性化させるのにはもってこいですよ。
ハンカチか何か、汗を拭くものを持って来ればよかったと反省ですね。
いや~美味しい食事が出来たうえ、いい汗もかけて大満足でした。


関連ランキング:中華料理 | 羽前山辺駅羽前金沢駅東金井駅


[1] [2] [3] [4] [5] [6
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
D-104
性別:
非公開
サイト内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
ウェザーニュース
地域情報

ジオターゲティング
アクセス解析
忍者ブログ [PR]