忍者ブログ
山形のお食事処、温泉巡り
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


本日は蔵王温泉の森のホテル ヴァルトベルクへやって来ました。
小高い丘の上にあり、雪の上り坂は注意が必要ですね。



なかなか大きく立派な建物です。



2階にあるフロントで料金を支払います。
通常は1000円ですが湯めぐりこけし1枚でも利用できるので、そちらの方がお得ですね。
どうやら不定期のお湯抜き清掃日だったようですが、運良く男湯はまだ大丈夫でした。
事前に電話で問い合わせておけばよかったと反省。

 

浴場は3階。
大きなホテルだけあって脱衣所も広々としています。
脱衣かごには蔵王ゆかりのプレートが貼られており、どのカゴを利用しているか覚えやすい。
洗面台にはドライヤーも設置してありました。



加水、加温、塩素消毒無しの源泉100%掛け流しとの表示。
これは期待が膨らみます。

まずは内湯。
冬に逆戻りしたような寒さのためか、湯気でモクモクです。



シャワー付きカランはお湯がすぐに出るし、水圧も十分。
高めの椅子も使いやすいですね。
蛇口も黒ずむ温泉なので、鏡が劣化して見づらいのはご愛嬌。



浴槽は石造りでなかなかの広さ。
湯口から投入されたお湯が、浴槽の縁からザーザーと掛け流されています。
薄いグリーンに見える透明なお湯で、底に沈殿しているの湯の花がよく見えました。
硫黄の匂いが香る強酸性の蔵王らしい温泉です。



お湯の温度は約42℃とちょうど良い熱さ。
湯口の温度が51℃ほどでしたので、投入湯量を上手く調整しているようです。
手足を伸ばしてトップリと浸かっていると、体の芯まで温まってきます。

ある程度、体も温まったところで内湯奥の扉の抜けて露天風呂へ。



さすがに氷点下の外気温だと寒い。
露天風呂は内湯の3分の1程度の広さでしょうか。
こちらはゴツゴツとした岩風呂といった作りで、座るとちょっとお尻が痛い。
こちらも源泉掛け流しのようですが、お湯の投入量が少ないためか内湯よりぬるい38℃。
ぶり返した寒さの中ではちょっと心許ない湯温です。



木々にこそ囲まれていますが、屋根も無く開放感はあったんですけどね。
ゆっくり浸かるにはちょっと寒かったので早々に退散しました。

平日のお昼近い時間ということもあってか、お客さんは自分の他には一人。
その方もさっさと上がってしまったので、ほぼ貸し切り状態でゆっくりできました。
日々の疲れを癒すには良かったです。

【メモ】
入湯料:1000円
受付時間:11:00-14:00
休館日:年中無休(不定期の湯抜き清掃中は利用不可)
駐車場:有り
コインロッカー:無料ロッカー有り
アメニティー:リンス、シャンプー、ボディーソープ、ドライヤー
設備:内湯、露天風呂、貸切風呂、野天風呂(別棟)、シャワー付きカラン有り
その他:-



大きな地図で見る
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[796] [795] [794] [793] [792] [791] [790] [789] [788] [787] [786
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
D-104
性別:
非公開
サイト内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
ウェザーニュース
地域情報

ジオターゲティング
アクセス解析
忍者ブログ [PR]