忍者ブログ
山形のお食事処、温泉巡り
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


真室川町2ヶ所目の温泉は新真室川温泉の関沢荘です。



真室川町の中心街からちょっと離れた山の中にあります。
新真室川温泉という名前ですが、まむろ川温泉よりも年期を感じます。



館内に入ってすぐの受付で女将さんに料金を支払います。
なんと言いますか、古い旅館のような時代を感じさせる雰囲気がいいですね。



こういう張り紙が至るところにあるのも興味深い。
そんな通路を進んで脱衣所へ。



こじんまりとした脱衣所には十分な数の脱衣かご。
洗面台や換気扇もありましたがコンセントは外されていますし、水も出ませんでした。
女風呂とは仕切りで区切られているのですが、その脱衣所の仕切りに微妙なスリットがあるのには困惑。
今回は他に利用客もいないため心配してもしょうがないのですが、チラチラ見えちゃいますよね、コレ。

気を取り直して浴室へ。
扉を開けるとムワッと湯気が流れ込んできました。



換気扇も無いのか動いていないのか、室内がモクモクです。
見回してみるとフロアは石造りで、女風呂とは天井で繋がっています。
カランはシャワー有りと無しのものがるようです。
お湯が出てくるまで時間がかかりますが、水圧や湯量もそこそこありました。



ライオン顔の湯口からはダバダバとお湯が投入されております。
湯口には茶褐色の析出物がタップリと付いていました。
薄っすらと黄土色に濁ったお湯は金気臭がし、43℃とちょい高めの冬場に嬉しい湯温。
見た目的には大の目温泉や長井あやめ温泉に近いように見えます。
源泉温度が31.7℃と低いため加温しているようですが、浴槽内に吸水口もないので掛け流しでしょうね。
蒸発残留物が9000mg近いナトリウム-塩化物泉ですが、梅里苑とは違い湯上がり後のベタベタ感はありません。
同じ泉質でも色や臭いまで違うんだから面白いもんです。

湯口の上にコップが置いてあったので、口に含んでみるとあっさりとした塩味でした。
その後も特にお腹も壊さなかったので一応飲めるんでしょう。
最後まで他のお客さんも来ませんでしたので、ゆっくりとお湯を楽しむことが出来ました。

【メモ】
入湯料:200円
受付時間:9:00-19:30
休館日:-
駐車場:有り
コインロッカー:無し
アメニティー:-
設備:内湯、シャワー付きカラン
その他:-



大きな地図で見る

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[790] [789] [788] [787] [786] [785] [782] [784] [783] [781] [780
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
D-104
性別:
非公開
サイト内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
ウェザーニュース
地域情報

ジオターゲティング
アクセス解析
忍者ブログ [PR]