忍者ブログ
山形のお食事処、温泉巡り
天童温泉のホテル王将へ日帰り入浴に行ってきました。



通常料金は700円ですが温泉パスポートを利用して500円でした。
フロントへ料金を払って奥の大浴場へ向かいます。



他のお客さんがいなかったらしく消灯中で、受付の方が電気を点けに駆けてきました。



さすが大規模なホテルだけあって脱衣所もきれいです。
かごの数も揃っていますし、ちょっといい感じの休憩椅子まで置いてありました。

 

こちらが成分表と温泉表示。
天童温泉の旅館でおなじみのお湯使いですね。

 

洗い場には十分な数のカラン。
温度も水圧も問題ないですし、ついたてがあるのも嬉しいですね。
この馬油の石鹸類、ノンシリコンの高いやつですよね。
リッチな気分です。
あと床には将棋の駒の模様付き。
さすがこだわっています。

浴槽も大きいだけあって浴室も暖か。
夏場はちょっと換気扇に頑張って欲しいと感じます。



こちらが浴槽。
非常に浅い箇所を間に挟んで、2つの浴槽が繋がっています。
ここは歩行浴というらしく、埋め込まれた石で足裏をマッサージできるようでした。
白い部分はそれほどでもないですが、両脇は結構容赦なく足裏を刺激してきます。

手前側の小さめの6角形の浴槽が、おそらく元はジャグジーだったようです。
今は約40℃の低温風呂になっていました。
お湯が奥側から温度を下げながら流れ込んでくるようです。

 

そして奥の大きな浴槽が高温湯。
湯温は約43℃とピリッとした熱さが特徴です。
浴槽自体は思ったより浅めですね。
肩まで浸かるには少し寝転ぶ姿勢にならねばなりませんでした。



一番奥にあるのが湯口。
ここから源泉と循環のお湯を混ぜ合わせて投入しているのでしょうか。
お湯は50℃以上あるので不用意に触らないほうがいいかもしれません。

お湯自体は無色透明で匂いも殆ど感じません。
特徴は薄めですが、湯上りは微かに肌がしっとりしたように感じます。
誰でも好き嫌いなく入浴できるお湯ですね。



湯上りは休憩所にある麦茶で一息。
きりっと冷えた麦茶が体に染み渡ります。
こういうサービスも嬉しいですね。

【メモ】
入湯料:700円
受付時間:11:00-16:00
休日:無休
駐車場:有り
鍵つきロッカー:有り(無料)
アメニティー:リンス、シャンプー、ボディーソープ、ドライヤー
設備:内湯、シャワー付きカラン
加水:あり 加温:あり 循環ろ過:使用 消毒:塩素
その他:

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1025] [1024] [1022] [1021] [1015] [1014] [1012] [1013] [1011] [1008] [1010
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
D-104
性別:
非公開
サイト内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
ウェザーニュース
地域情報

ジオターゲティング
アクセス解析
忍者ブログ [PR]