忍者ブログ
山形のお食事処、温泉巡り
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ここ最近の暑さのおかげで竜王温泉荘のぬる湯が恋しくなりました。



約5年ぶりでしょうか、ずいぶんと間が空いてしまった気がします。

→最初の来訪記(2010)

まずはフロントで料金を支払い・・・・、と思いましたが無人。
フロントの長椅子の下にペットの柴犬がお昼寝中ですが、ワンコに相談しても無駄ですしね。
ちょっと奥に蕎麦屋の厨房があるので、そちらに声をかけて料金を支払いました。
料金は400円と、以前より100円の値上げでしたね。



竜王温泉の成分表。
温泉表示は見当たらず。
浴室脇には入浴用のもの、フロントには飲湯用のものがあり、一応源泉を飲めるようです。



こちらが脱衣所。
かなり狭いため2人の利用でも窮屈かも。

 

続いて浴室へ。
先客が2人おり、最初はちょっと窮屈でした。
広くない浴室なので仕方ないですね。

洗い場は2ヵ所有り、シャワーは1ヵ所だけ。
水圧は問題ないのですが、温度調整どころかお湯も水も表示無し。
蛇口をひねると非常にぬるいお湯が出てきます。
おそらく源泉を使用しているのでしょうが、冬場は寒そうな温度ですね。

 

まずはお目当ての源泉湯。
パイプからお湯が豪快に湯船に注がれています。
オーバーフローしたお湯は排水が間に合っておらず、洗い場も洪水状態。



排水溝もこのように渦を巻いています。
2人も入れば窮屈な源泉浴槽だからなのでしょうが、相変わらず豪快で楽しくなるお湯使いですね。
そのためお湯自体も新鮮なようで、成分の薄い単純温泉ですが、体への泡付きはなかなかのもの。
細かい泡がたっぷりと皮膚についてきます。
そして36℃強のほぼ体温と同じお湯は長時間の入浴にもってこい。
熱くも無くぬるくも無いお湯ですが、体の奥からじんわりと温まってきます。
こんな温泉は県内でも珍しく、竜王温泉ならではですね。



こちらが熱湯の浴槽で湯温は約42℃。
循環ろ過ではなく、本当に単にお湯を加温しているだけな気がします。
源泉湯と交互に入ると、これもまた気持ちがいい。

たっぷり1時間ほど温泉を楽しみ、竜王温泉荘を後にしました。
せっかくなのでお隣の想耕庵で蕎麦も頂いて帰りますか。

【メモ】
入湯料:400円
受付時間:11:00-19:00
休日:要確認
駐車場:有り
鍵つきロッカー:無し
アメニティー:石鹸、体重計
設備:内湯(源泉&熱湯)、シャワー付きカラン
加水:不明 加温:不明(おそらく熱湯は有り) 循環ろ過:不明 消毒:不明
その他:蕎麦屋の想耕庵が併設

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[984] [983] [982] [979] [976] [977] [978] [975] [974] [973] [972
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
D-104
性別:
非公開
サイト内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
ウェザーニュース
地域情報

ジオターゲティング
アクセス解析
忍者ブログ [PR]