忍者ブログ
山形のお食事処、温泉巡り
本日も蔵王温泉へやって来ました。
ゲレンデのほうは雪も積もり、スキーの出来る場所もあるようですが、温泉街にはほとんど積もっていません。
観光客もちらちらとおりましたが、スキー客といったわけでもなさそうでした。

今回お邪魔したのは蔵王つららぎの宿 花ゆらん
今年の春にオープンした新しい宿です。



入り口には立派な木製の扉がありましたが、シリンダーが強いのか大きな音でバタンと閉まりビックリ。
その音で女将さん(?)も気づいてくれたようでした。
まだ館内の準備中だったんでしょうか。
火が着けられたばかりのお香のいい香りがします。
料金は600円ですが、温泉パスポートの利用で半額の300円となりました。
浴室はフロントのすぐ近く。
案内してもらうほどの距離ではなかったですが、暖簾等が無いので見逃しやすいかも。

 

脱衣所は狭めで、脱衣棚も4人分しかありません。
それほど大きな旅館ではないので十分なんでしょう。
床は畳敷きなのは珍しい。
暖房も効いていますし、清潔感もあって快適です。

 

こちらが浴室。
脱衣所相応でコンパクトですね。
換気もしっかりしていてムワッという湿気は感じません。
しかし寒さは感じず快適でした。
カランはお湯と水をそれぞれ調整するタイプ。
少々面倒ですが、水圧は問題無しですね。



ちなみにこちらの旅館、シャンプー&コンディショナーを常時7種類も準備しております。
あまり日中の日帰り温泉でシャンプーをしないのですが、ついつい使ってしまいました。

 

体を洗って、いざ浴槽へ。
湯船は木製で、2人も入れば一杯になってしまいそうな大きさ。
湯口からはチョロチョロと温泉が投入されていました。
どういうお湯の利用を行なっているか表記はなかったのですが、循環用の吸い込み口も見当たりませんし、お湯も掛け流されているようでした。

お湯は無色透明で臭いもあまりありません。
最初は「温泉じゃなくて沸かし湯かな?」とも思いましたが、入った湯触りは蔵王のお湯ですね。
よく見れば底には湯の華も沈んでいますし、強酸性のぬるっとした感食を味わえます。
ちゃんとお湯を抜いて洗っていたという証拠だったのかな?

しかしそれにしても暑いお湯です。
測ってみたれば47℃もありました。
先客がいなかったこともあったのでしょうが、多少かき混ぜたところで変化がないほど。
なんとか入浴はできましたが、ここまで熱いと浴槽内で動けないですね。
いや~、温まった温まった。



成分表には供用温度45℃との記載がありますが、自然の恵みが相手だと上手くいかないもんですね。



お風呂場の片隅には大きなオール状の板が。
これでお湯をかき混ぜていたんでしょうかね。

【メモ】
入湯料:600円
受付時間:10:00-14:30
休館日:不定休
駐車場:有り
コインロッカー:無し
アメニティー:リンス、シャンプー、ボディーソープ、
設備:内湯、シャワー付きカラン
加水:不明 加温:不明 循環ろ過:不明 消毒:不明
その他:-


PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[904] [902] [903] [900] [899] [898] [897] [896] [895] [891] [892
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
D-104
性別:
非公開
サイト内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
ウェザーニュース
地域情報

ジオターゲティング
アクセス解析
忍者ブログ [PR]