忍者ブログ
山形のお食事処、温泉巡り
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


本日は会社の友人たちと一緒に米沢市の白布温泉へ行ってきました。
白布温泉 東屋
道中、さすが冬の米沢は雪の量が凄い。

道路脇の雪の壁は車高と比べてもざっと2m以上。
除雪で高くなっているとはいえ山形市とは比べ物にならないわ。


そんなわけで雪道をひた走りなんとか無事に東屋へ到着。

やはり秘湯だけあって市街地よりもさらに雪深い。
しかし旅館に続く坂道は全く雪がありません。
どうやら温泉が掛け流してあり雪を解かしているようです。
水ではなく温泉でやっちゃうとはなんとも贅沢ですな。


そんなわけで旅館の中へ。

カウンターで料金を払い浴室へ。


外は大雪ですが脱衣所は温泉の暖気のせいか暖かでした。

右の扉から露天風呂、左の扉から内湯へ向かえます。


こちらが内湯。

少々小ぶりな浴槽が一つにカランが4ヶ所ほど。
こちらのほうはだいぶ年季が入っております。
お湯は無色透明ですが、よく見ると白く細かい湯の花が舞っていました。
湯温はおそらく42℃ほどで、ゆっくり浸かっていると体がポカポカと温まってきます。



そしてこちらが滝風呂。
熱い源泉を高いところから落下させることで適温まで冷やしているそうな。
打たせ湯のように使うことで肩こりにも効果テキメンです。


露天風呂は内湯よりも広め。
中央の湯口からこんこんと源泉が沸き出していました。
さすがに寒く、ぬれた髪が微妙に凍り付いてきます。
その寒さのせいもあってかお湯は最初こそ熱く感じますが、一度慣れるとなかなか外に出て行けないほど気持ちよい湯温でした。
四方を雪に囲まれながらの露天風呂というのもまた良いものですな~。


【メモ】
入湯料:500円
日帰り入浴:11~16時
4つのカランのうちシャワーは一ヶ所のみ。
シャンプー、ボディーソープ、ドライヤーあり。
貴重品はカウンターへ。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[262] [261] [260] [259] [258] [257] [256] [255] [254] [253] [252
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
D-104
性別:
非公開
サイト内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
ウェザーニュース
地域情報

ジオターゲティング
アクセス解析
忍者ブログ [PR]