忍者ブログ
山形のお食事処、温泉巡り
本日は鮭川村にある羽根沢温泉 加登屋旅館へやって来ました。



ここ数日の雪のせいで道路脇にも雪の壁が出来ていました。
途中で除雪渋滞にハマッたりもしましたが、おかげで道自体はすっかり除雪されており無事に到着。
温泉街は数組の観光客は来ているようでしたがひっそりとしたものでした。



玄関に入ると女将さんがフロントでお待ちかね。
利用料は300円ですが温泉パスポートで200円になりました。
もともとお手ごろ価格ですがちょっと得した気分。



浴室の入り口はフロントのすぐ脇にあります。
近くにある自販機コーナーにロッカーもあるのは嬉しいですね。

 

温泉成分表は休憩スペースの脇に掲示。
なかなか盛りだくさんの泉質になっています。

 

こちらが脱衣所。
明るく十分な広さで、ちゃんと暖房が効いているのは有り難い。
ドライヤーもあるので洗髪もOKですね。



いざ浴室へ。
浴室も寒くは無いですが、さすがにこの時期は湯気で凄いことになっていました。
換気扇の音が聞こえないので、自然換気だけかも。
時たま天井から水滴が落ちてきてちょっとビックリします。
洗い場は石の板、浴槽内はタイル張りのようです。
さすがに少々年季が入っているように見えますが、それも味ですね。
女湯とは天井と、あと浴槽も繋がっている様子。
あちらで誰か入浴したのか、男湯の方でもお湯が浴槽から溢れてくるときがありました。



洗い場は中央にまとまって設置。
カランは4ヶ所ほどありましたが、シャワーが付いているのは2ヶ所のみ。
シャワーはちょっと水圧が弱めで、お湯の温度も低め。
蛇口のお湯は温かいので、配管の調子がおかしかったのかも。



洗い場の真ん中にはなにやら立派な支柱が鎮座しています。
配管があり析出物も付着していたので、もしかしたら昔はここでも上から温泉を流していたのかも。



温泉は無色透明で、油臭に少し硫化水素の混ざったような独特の臭いがします。
特徴的なのはヌルスベ感。
アルカリ性のせいか、成分のせいか、その両方か。
入ったそばから肌に触れるとヌルヌル感を味わえます。
湯温は湯口付近で42℃、反対の入り口側で41℃でした。
ちょっとぬるめに感じましたが、温度自体は丁度いい具合です。
じっくりお湯に浸かっていると、体の中までポカポカと温まりました。

温泉表示は見当たりませんでしたが、加水・循環ろ過無しで冬期のみ加温とホームページに記載がありました。
なかなか贅沢なお湯の使い方が嬉しい温泉でした。

その後にホテル紅葉館にも寄ってみましたが、ちょうど掃除したばかりで入浴できませんでした。
今度は春先にでも来てみようかな。

【メモ】
入湯料:300円
受付時間:7:30-20:00
休日:無休
駐車場:有り(温泉街共同)
鍵つきロッカー:有り(無料)
アメニティー:リンスインシャンプー、ボディーソープ、ドライヤー、体重計  
設備:内湯、カラン、シャワー付きカラン
加水:無し 加温:有り(冬期) 循環ろ過:未使用 消毒:不明
その他:-


PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[932] [931] [930] [929] [928] [927] [926] [924] [925] [914] [913
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
D-104
性別:
非公開
サイト内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
ウェザーニュース
地域情報

ジオターゲティング
アクセス解析
忍者ブログ [PR]