忍者ブログ
山形のお食事処、温泉巡り
折角の休日、早めに起きれたのでちょっと遠出。
朝から最上町にある赤倉温泉へ。
天気も良いし、絶好のドライブ日和だよ。



今回の目的地であるあべ旅館。
川の音と虫の声しか聞こえないような静かな場所にあります。
ここにはなんでも日本に30ヶ所ほどしかない足元湧出温泉があるとか。
こりゃ楽しみだ。



建物の中は、なかなか静かでいい雰囲気です。
まずはフロントで料金を払い貴重品を預ける。
目的の岩風呂は別館の地下2階にあるので館内を移動する必要あり。
どうやら近くを流れる川と同じ高さにある様子。
脱衣所前の休憩所には飲湯所もあり。
飲んでみたけれど微かに臭いがする程度で無味。
飲みやすいので温泉後の水分補給には良いかも。


そしていよいよ浴室へ。

休日の午前中なのに貸切状態。
こんなに広い温泉を独り占めできるとは。




隅のほうには打たせ湯、圧力湯、泡風呂もあった。
ただしレジオネラ菌対策で装置は動いておらず。
本当はクアハウス的なこともやってたのね。
一時期、だいぶ公衆浴場での感染が問題になってたもんな。


気を取り直して湯船のほうへ。

湯船は広い。
ひたすら広い。
天井も高いし屋内とはいえ開放感があります。
岩風呂も本当に岩の凹みにお湯が溜まっているといった感じ。
川原の中のような感じなので、湯船の中もかなりデコボコ。


折角なので源泉の湧き出している場所を探索。
勢いよく湧き出しているわけではないので意外とわかりづらい。
それほど熱いお湯ではなかったけれど、さすがに広い湯船を動き回るのは大変だった。
探し回った結果、写真の前の赤丸のところが一番湧き出してた。

たまに泡が出てくるので見つけられたよ。
他にも気づきにくいけれど至る所から湧き出している様子。
おかげでお湯も温度のムラが大きい。
熱い場所とぬるい場所、好きな温度を楽しめると前向きに考えよう。


とても素晴らしい温泉だったのだけれど、気になったのが一つ。
どうも清潔感に欠けている気がする。
山間の川沿いとはいえ蜘蛛の巣や転がっている虫の死骸はいただけなかった。
湯船の中にも明らかに湯の花ではない浮遊物があったし。
明らかに掃除のしづらい豪快な岩風呂、お湯を抜いてきれいにしろとはさすがに言えない。
せめて見えるゴミだけでも掃除してほしかった。


【メモ】
入湯料:300円
シャンプー、リンス、ボディーソープ、ドライヤー完備。
岩風呂は時間帯で男湯、女湯が切り替わり。
男湯:5時~12時と20時~24時
女湯:12時~20時
岩風呂のほか、石造りの天女の湯とヒノキ風呂(サウナ付き)が有り。
全て源泉かけ流しだけれど、足元湧出は岩風呂のみ。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[169] [168] [167] [166] [165] [164] [163] [162] [161] [160] [159
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
D-104
性別:
非公開
サイト内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
ウェザーニュース
地域情報

ジオターゲティング
アクセス解析
忍者ブログ [PR]