忍者ブログ
山形のお食事処、温泉巡り
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


休暇を利用して瀬見温泉にある喜至楼さんに行ってきました。



あいにくの大雪で道路も歩道も空も真っ白。
除雪こそされていますが、さすがに冬期の最上地方は雪深いです。



そんなこんなで無事に到着。
消雪パイプがあるだけでも違いますね。



日帰りは10時から15時まで。
本館の入り口に入るとスピーカーから受付の声。
どうやらカメラがあり、館内から玄関の様子が見えるようです。
暫くしてやってきた旅館の方に料金を払い、案内して頂きました。

日帰りで入れるのは3ヵ所。
男女別のあたたまりの湯に岩風呂、そして有名なローマ千人風呂です。
どれも源泉に、沢の水で加水しているようです。
ローマ千人風呂はちょうど別の日帰り客が利用しているようでしたので他の2ヶ所から。



まずは岩風呂。
カランやシャワーは無く浴槽のみ。
2、3人も入れば一杯になるこじんまりとした浴槽です。
ここは非常にぬるめで湯温は37℃ほど。
館内なので寒くはないですが、冬場に入るには物足りない温度ですね。



続いてあたたまりの湯。
こちらは男女別です。
唯一シャワーがあるので、一番最初に入ればよかった。
湯温は42℃ほどで、ぬるくも無く熱くも無く丁度いい。
広さはそれほどでもありません(岩風呂よりちょっと広いくらい)が、一人でのびのび入るには十分すぎです。

そんなこんなしているうちに、ローマ千人風呂が空いたので突入してきました。



脱衣所では犬とお爺さんがお出迎え。
混浴ということで、脱衣所も男女一緒です。



どこら辺がローマか分かりませんが、きっと私の修行不足なんでしょう。
千人は言い過ぎですが、それでも中々広い浴槽です。
所々タイルが剥がれているのは建物の歴史ゆえか。
真ん中の大きい柱の根元から源泉が、湯面近くから沢の水が注がれています。
お湯は無色透明で無臭のサッパリとしたもの。
湯温も42℃弱と丁度いい感じですね。
これだけ広いお風呂を一人で独占というのも贅沢ですわ。



隅にひっそりと打たせ湯?もありました。
それにしても館内の様子といい、独特の雰囲気を持っている旅館ですね。
これからもずっと残っていって欲しい温泉です。

【メモ】
入湯料:500円
受付時間:10:00~15:00(受付14:30まで)
駐車場:有り
コインロッカー:なし
アメニティー:シャンプー、ボディーソープ
設備:内湯(ローマ千人風呂(混浴)/岩風呂/あたたまり湯(男、女)
その他:加水に天然の沢水を使用
     あたたまり湯のみシャワーあり、他の風呂場にはシャワー無し



大きな地図で見る
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[749] [748] [747] [746] [745] [744] [743] [742] [741] [740] [739
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
D-104
性別:
非公開
サイト内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
ウェザーニュース
地域情報

ジオターゲティング
アクセス解析
忍者ブログ [PR]