忍者ブログ
山形のお食事処、温泉巡り
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


友人おススメのトンカツを食べに里味さんを再訪。

 ・以前の訪問記

今回は早めの到着だったため、日曜日ですがまだ空いておりました。
でもやはりすぐに混雑してしまいますね。

本日の注文はもちろんトンカツ。
オードソックスなロースかつ定食を頼みました。



こちらがロースかつ定食。
メインのお皿にご飯と味噌汁、そして小鉢とお漬物の組み合わせ。



ロースかつは分厚く、そして大きい。
衣はサクッと香ばしく、中の赤身はとても柔らか。
多すぎず少なずぎずな脂身もジューシーさを楽しませてくれます。

カツを支えるソースもいい。
よくあるトンカツソースではなく、酸味と辛味を感じる特製ソース。
ガッツリニンニクが効いているようで、食欲をモリモリ増進させてくれました。

本日もほとんどのお客さんはラーメンを頼んでいましたが、トンカツもかなりのもの。
今度はヒレカツも頂きに来たいと思います。
PR

本日は友人から教えてもらった食事処里味へやってきました。



メインの通りから外れた場所にあるのですが、結構な数のお客さんが引っ切り無しにやってきていました。
休日ということもあるのでしょうが、なかなかの人気店のようです。

店内では強面なだんなさんと、気さくな女将さんが忙しそうに働いていました。
カウンター席と小上がり席があり12~3人も入れば一杯になりそう。
団体さん向けに別室もあるようでしたが、予約か顔なじみでもなければ使えなさそうでした。



テーブルにはメニュー表は無いため、張り紙を見て注文します。
多くのお客さんが麺類を食べているようでしたが、食堂らしく定食や丼ものが充実しています。
確か「トンカツが旨い」と聞いていた気がしましたが、すっかり忘れてしまい魚しょうラーメンを注文してしまいました。

こちらが魚しょうラーメン



醤油の代わりに魚醤(ナンプラー)を使っているようです。
麺はちょっと細めで柔らかめの茹で具合。
魚醤をよく知らないのですが、大豆醤油とは違い塩ラーメンのような極めて薄い色のスープです。
魚の風味がするわけでもなく、特にクセなどは感じません。
ちょっと味は濃いめ。
ダシは鶏がらのようで、最初から粗挽き胡椒が効いています。
アオサの風味もよく、表面の油膜も多めに見えますが逆にあっさりとした味わいでした。

こちらが一緒に頼んだ牛モツ煮込み



コンニャクや大根といった具もありますが、牛モツもたっぷりと入っています。
じっくりと煮込まれているらしく、臭みや脂っこさの無い柔らかい美味しい煮込みです。
まろやかな味噌味で、ご飯があればいいお供になりそう。
ただラーメンと組み合わせるものではないですね。
スープの味で煮込みの味がぼやけてしまいました。

煮込みまで追加してしまったため、予定外の満腹になってしまいました。
次はちゃんとトンカツを食べに来たいですね。

 ・2回目の訪問記


関連ランキング:定食・食堂 | 山形駅東金井駅北山形駅


週末のランチを山形市にある洋風定食 自由軒で。



道路沿いにある看板が目印の老舗定食屋さんです。
車は店舗正面のほか、お隣の駐車場に停めることができます。



店内は右手にカウンター席とテーブル席、左手に小上がり席があります。
座席数は20席ほどでしょうか。
暖房が効いていて快適な店内です。

メニューは揚げ物とハンバーグの定食がメインで、カレーと丼ものも揃っています。
定食はご飯がお代わり2杯まで無料という嬉しいサービス付き。
ご飯大盛りにするとお代わりも大盛りになるのでしょうか?
麺はスパゲッティーナポリタン一品だけですが、写真を見る限りご飯が欲しくなりそうなナポリタンですね。

こちらの目玉は何と言ってもランチ。



日替わりと週替わりがあり、なんと580円というお値段で食べることができます。
日曜がお休みなのは残念ですが、土曜日でもランチを頂けるのはありがたいです。

そんなわけで本日は日替わりランチのチキンソテー粒マスタードソース定食を注文。



かなり素早く配膳されてきたランチは、メインにご飯と味噌汁、小鉢の組み合わせ。



チキンはカットされており、柔らかく肉厚で食べ応えがあります。
ジューシーな鶏肉に、たっぷりと掛けられたピリッとした辛さのソースがよく合います。
ご飯はちょっと柔らかめで、固目が好きな自分としてはイマイチ。
味噌汁はアオサ入りで、風味もまたいい一杯でした。

早めの時間だったため空いていましたが、平日のお昼時は結構な混み具合のようです。
時間をずらして来店したほうがよさそうですね。


関連ランキング:洋食 | 山形駅蔵王駅


用事で仙台へ向かう途中、錦ケ丘ヒルサイドモールの中にある伊達の牛たん本舗で腹ごしらえをしてきました。
平日ということもあってか、スーツ姿のお客さんも多く見受けられました。



お土産売り場の脇を抜けて食堂へ。
ランチということでお安く牛たんを頂けるわけですが、それでもやはりそれなりのお値段はしますね。



通常の定食は4枚8切りですが、ランチだと3枚8切りに減っていますし。

注文したのはランチ牛たん定食のミックス。



塩味と味噌味が半々で楽しめます。
皿も大きめなので量は少々寂しく見えましたが、ちょっと厚めなのは嬉しいところ。
柔らかくはあるのですが、しっかりとした肉感もあるのは流石牛たんです。
味付けも濃い目なのでご飯もよく進みます。
個人的には肉の味わいを楽しめる塩のほうが美味しく感じました。
定食は麦ご飯もお代わり自由なのはいいですね。
ピリッと胡椒の効いたテールスープも牛たんに合っています。

今度はたっぷり牛たんを食べに来たいな、と願望を抱きながらお店を後にしました。


関連ランキング:牛タン | 愛子駅


友人と天童市の高擶にオープンした定食屋、豚児へやって来ました。



田んぼや畑と住宅地の境目にあり、見た目は完全に一般住宅です。
のぼりや看板が無ければ分かりませんでした。
お店の裏には駐車場もあり、10台ほどは停められそうでした。



店内は和風の昔ながらの住宅といった感じですが、ふすまや畳は新しいので古さを感じません。
しっかりとした厨房が、飲食店だということを主張しています。
4人用と2人用の座卓があり、テーブル席は無いようでした。
注文を取りに来たのはお子さんでしょうか、しっかりとお手伝いをしておりました。

こちらがメニュー。

 

ラーメンに定食、どんぶりがメインです。
豚肉は庄内もち豚を使用、とこだわりが見えます。
豚が苦手な人は鶏の唐揚げを頼んでも良さそうですね。

本日は定番中の定番、しょうが焼き定食を注文。



大盛りご飯とわかめスープと共に到着です。
ご飯は少し固めに感じましたが、ふっくらつやつやのいい炊き具合でした。
大ぶりのキクラゲが載ったしょうが焼きは、味付きの豚肉炒めといった感じ。
醤油やしょうがの風味は控えめですが、ご飯にぴったりの丁度いい味付けです。
炒めることで肉の脂が程よく抜けたのか、意外とあっさりとした味わいでした。
トマトケチャップで作ったようなナポリタンもご飯に合います。
途中で「ライス多めにしておけばよかった」と後悔するほど箸が進みました。

こちらが友人が頼んだニンニク焼き定食。



見た目はしょうが焼きとあまり変わりませんが、ガッツリとニンニクが利いています。
味付けも似た感じですが、ニンニクのパンチが強烈で食欲が湧き出します。
翌日に人に会わなければぜひ食べたい。

そしてこちらが豚丼。



醤油ダレであぶり焼きになっているようで、香ばしい香りが食欲を誘います。
そもそも丼から肉が少しはみ出している感じが美味しそうでなりません。
味付けもしょうが焼きよりも醤油が強く、豚肉の脂の旨さもダイレクトに感じられます。
こちらもご飯が進みます。

大盛りな分だけ値段も少々高めな気もしますが、味はばっちりでした。
ラーメンもなにやら美味しそうでしたので、また今度食べに来たいと思います。


関連ランキング:定食・食堂 | 高擶駅天童南駅


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
D-104
性別:
非公開
サイト内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
ウェザーニュース
地域情報

ジオターゲティング
アクセス解析
忍者ブログ [PR]