忍者ブログ
山形のお食事処、温泉巡り
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


仙台での買い物帰りに神ヶ根(かんかね)温泉へ立ち寄りました。

 

秋保町の中にあるのですが、秋保温泉とは少し離れた場所にある独立した温泉です。
近くには殆ど何も無く、山の中の本当に静かな温泉です。



入り口に入りましても宿の方は誰もいませんでしたが、先客の方から「インターホンで呼ぶらしいよ」と教えて頂きました。
確かに看板の脇に受話器が置いてあり、かけると女将さんが出てきてくれました。
料金は温泉パスポート使用で100円引きの400円。



左手側の新館は男湯、右手側の旧館は女湯と時間によって貸切になっているようです。
宿泊した場合、混浴の時間帯もあるようです。
家族向けってことなのかな。
館内は洗濯機や炊事場もあり、素泊まりで湯治もできるようでした。



こちらが脱衣所。
一応、鏡やドライヤー、体重計などありますが、脱衣所というより物置のような雰囲気。
2、3人もいたら狭くて大変ですね。

 

浴室は広々としていて天井も高く、窓も大きいため開放的。
シャワーは一箇所だけですが、水圧や温度調整に問題は無し。
タイル張りの浴槽は2ヶ所あり、大きい方が加温浴槽で小さいほうが源泉浴槽。

お湯は約42℃まで温められており快適ですね。
お湯自体は無色透明無臭のアルカリ性単純温泉ということで、殆ど特徴を感じません。
お風呂上りに肌が少しスベスベするかも、といった程度。
豪快にお湯が投入されているように見えますが、すべて循環のようです。
隅の壁面の穴から勢いよく吸い込んでおりました。



小さい浴槽は源泉浴槽ということで、湯温は20℃あるかないか。
水道水より温度は高い気もしますが、ほぼ水風呂ですね。
こちらも無色透明で無臭でした。
浴槽内に小さな口があり、そこから少しずつ加温浴槽へ源泉を加えているようです。

 

閑静な場所にあり温泉も設備も良さげでしたが、一緒になったお客さんが悪かった。
2人組の初老くらいの方々でしたが、大声で話すのはいいとしても、
風呂の中で垢すりはするわ、洗い場でつばを吐くわ。
明らかに湯の花ではないものが浮いている温泉には辟易し、
ウンザリとして温泉を後にするハメになってしまいました。

【メモ】
入湯料:500円
受付時間:12:00-18:00(最終受付)
休日:無休
駐車場:有り
鍵つきロッカー:無し
アメニティー:リンス、シャンプー、ボディーソープ、ドライヤー、体重計
設備:内湯、源泉浴槽
加水:なし 加温:あり 循環ろ過:循環 消毒:塩素、紫外線使用
その他:




PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1038] [1039] [1040] [1036] [1035] [1033] [1034] [1032] [1031] [1030] [1029
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
D-104
性別:
非公開
サイト内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
ウェザーニュース
地域情報

ジオターゲティング
アクセス解析
忍者ブログ [PR]