忍者ブログ
山形のお食事処、温泉巡り
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


鶴岡に何やら珍しい泉質の温泉があると知り、G.W.を利用して行ってきました。



こちらがその長沼温泉 ぽっぽの湯です。
なかなかお洒落な建物で、温泉のほか地場野菜の売店や習いもの教室も併設されています。



まさに地域のコミュニティーセンターですね。

券売機でチケットを買い、早速浴室へ。
どうやら源泉は2種類、大浴場も2種類あるようです。
大浴場は洋式と和式が日替りで入れ替わるようです。

脱衣場は広くて脱衣棚の数も十分。
棚も100円返却式のロッカーになっており、しかも1つ1つに名前まで付いておりました。
自分の棚がどれか覚えやすいですし、ユーモアが効いていますね。
「まぐろ」の棚を使用させて頂きました。

そんなわけで大浴場へ。
石造りの広くて立派な浴場です。
カランの数も十分ですし、水風呂や掛け湯、サウナまであるとは。
内湯と露天風呂はは源泉ごとに1つずつありました。

体を洗ってまずは小さい方の内湯へ。
源泉掛け流しで、ご丁寧に湯口で湯の花を濾し取っているようです。
茶褐色で濁ったお湯はなかなか強烈な臭いがします。
薬品臭というか、アブラ臭というか。
お湯も強力で、伊達に蒸発残留物が2万mgを超えておりません。
ゆったりと浸かるにはいい湯温でしたが、長湯は気をつけなきゃいけないですね。

もう一方はジャグジー付きの単純温泉。
濃い目の茶褐色をしていますが、透明度はこちらの方が高いようです。
こちらも源泉掛け流しのようで、オーバーフローもたっぷりとしておりました。
気持ちぬるめの湯加減で、じっくり浸かるにはいい塩梅でした。

そして露天風呂も同じく2種類ありました。
泉質は同じですが、開放的で熱気もこもらない分、ゆったりとお湯に浸かれます。
そしてこちらにもカランがあるんですね。
なかなか便利な作りになっていました。

どちらもアルカリ性の泉質のようで、お肌はスベスベになりました。
どうやらカランのお湯も源泉利用みたいですね。
お風呂上りも少し薬品臭が体に残るのはご愛嬌ですね。
お湯も施設も立派なもので、近場にこんな温泉があるのは地元の人がうらやましく感じます。

【メモ】
入湯料:430円
受付時間:6:00~22:00
駐車場:有り
コインロッカー:有り(100円返却式)
アメニティー:シャンプー、ボディーソープ、ドライヤー
設備:シャワー付カラン、内湯x2、露天風呂x2、掛け湯、水風呂、サウナ
その他:お風呂上りは臭います


大きな地図で見る
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[659] [656] [655] [654] [653] [651] [652] [650] [649] [648] [647
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
D-104
性別:
非公開
サイト内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
ウェザーニュース
地域情報

ジオターゲティング
アクセス解析
忍者ブログ [PR]