忍者ブログ
山形のお食事処、温泉巡り
本日はちょっと足を伸ばして、最上町赤倉温泉にあるひやま山荘へやってきました。



いや~、さすがに最上地方は雪が多いですね。
見た感じ、すでに1m以上は積もっているようです。
ひやま山荘に至る道は除雪されていたのでよかったですが、さすがに道は狭かったですね。



そんなこんなで無事に到着。
駐車場もきれいに雪が掃かれていて一安心です。
中に入るとまずワンちゃんがお出迎え。



こちらの足元に寄ってきて尻尾を軽く揺らしながら匂いを嗅いできました。
お歳を召しているのか、だいぶ大人しめですね。
手を伸ばしても嫌がる様子も無く、素直に撫でられていました。



入ってすぐの受付で料金を払い館内へ。
館内は年期を感じさせますが掃除も行き届いておりきれいでした。
ロビーにはちょっとしたお土産コーナーもあります。
階段や廊下がギシギシいうのはご愛嬌。



こちらは休憩室。
カラオケや大型テレビも置いてあります。
別料金を払って浴衣を借りた人だけが利用できるようです。

 

廊下を渡って階段を下りてで浴室に到着。
それほど大きくない脱衣所ですが、暖房もあって冬でも寒くないのは嬉しいですね。
ちゃんとドライヤーまであるのは嬉しいところ。



成分表を見たところ源泉の温度ははなかなか熱め。
成分も濃いわけではないですが、アルカリ性の美肌の湯ですね。



まずこちらが内湯。
なかなか広く、窓が大きいので明るく開放感があります。
カランはシャワー付きのが2ヶ所。
どうやら温泉を利用しているらしく、コックを捻るとお湯と共に温泉の香りがしてきます。
浴槽には約42℃と、ちょうどいい塩梅のお湯が湛えられていました。
なんでも源泉かけ流しとか。
源泉温度が高いのに、加水せずに温度を下げる努力には頭が下がります。
このお湯は無色透明で、微かに硫黄のような匂いがします。
アルカリ性のお湯ということで肌のスベスベ感が気持ちいいですね。

続いて外の露天風呂へ。
こちらには浴槽が3ヵ所もあり、全て源泉かけ流しのようです。
外に出て右手にまず一ヶ所。
こちらは少々温度が高め。



正面にも一ヶ所。
こちらは右手の浴槽に比べぬるめで内湯と同じくらいですかね。
ゆっくり入るには丁度いい温度ですね。



そしてさらに奥には巨大な露天風呂。



広さは子供向けのプールくらいでしょうか。
深さは大人の腰あたりまであります。
泳げる露天風呂と銘打たれたるだけの大きさはありますよ。
元は男女別れていなかったらしく、真ん中には木製の仕切りがあります。
これだけの広さですがぬる過ぎず熱過ぎず丁度いいお湯加減です。
その源泉投入口がこれ。



ホースの先から源泉がけたたましい音と共に豪快に噴き出しております。
こちらは湯音を下げる仕組みも何も無いらしく、しぶきは結構な温度がありました。
滝行のように打たれてみようかと思いましたが、熱くてそれどころではなかったです。

それにしても全体的に贅沢なお湯の使い方をしていましたね。
近くの銀山温泉や肘折温泉などと比べるとどうもマイナーな温泉ですが、最上地方に来たら一度は立ち寄って欲しいと思える温泉でした。

【メモ】
入湯料:500円
受付時間:9:30~19:00
定休日:毎週木・金曜日
駐車場:有り
コインロッカー:脱衣所に鍵付きロッカー有り
アメニティー:シャンプー、ボディーソープ、ドライヤー




大きな地図で見る
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[471] [470] [469] [468] [467] [466] [464] [465] [463] [462] [461
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
D-104
性別:
非公開
サイト内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
ウェザーニュース
地域情報

ジオターゲティング
アクセス解析
忍者ブログ [PR]